シトリンのタイトル何も決まってないブログ

自分に自信がない・・・そんな人を救うブログ

歯のホワイトニング歴10年の素人が教える。ホワイトニングの種類と必要な成分

どうも。シトリンです。

みなさん歯出して笑えてますか?

可愛い子、かっこいい人が笑ったら歯が黄色かったり黒かったらショックですよね。

清潔感の妨げになる着色汚れ
今のうちに歯のホワイトニングをしときましょう。

筆者は専門家ではないですが、約10年間歯のホワイトニングと向き合ってきてるので参考になれば幸いです。

ホワイトニングする上で1番大事な成分!過酸化水素とは?

過酸化水素(かさんかすいそ、Hydrogen peroxide)は、化学式 H2O2 で表される化合物。しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、殺菌剤、漂白剤として利用される。発見者はフランスのルイ・テナール。
参照Wikipedia

日本では過酸化水素は劇薬として扱っているので歯科免許、歯科衛生士免許を取得してる方しか扱えない物質です

この過酸化水素が歯の着色有機質を小さくし、色がなくなってきます(無色化)。この無色化によって歯の明るさを上げる方法が過酸化水素を使ったホワイトニングです。

また歯の明るさを上げる方法なので、かなり明るさを上げても自然な感じで白くなります。

詳しくはホワイトニング手帖

ではここから本題です。

ホワイトニングの種類

歯のホワイトニングには主に4つあります。

  1. オフィスホワイトニング
    歯医者さんでホワイトニングする方法。

  2. セルフホワイトニング
    歯医者さんではないホワイトニング専門店でホワイトニングする方法。

  3. ホームホワイトニング
    自宅などで自分でやるホワイトニング方法。

  4. デュアルホワイトニング
    オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを足した方法。

もちろんそれぞれメリット、デメリットがあります。

オフィスホワイトニング

・メリット

  1. 歯医者さんで歯科衛生士さんが丁寧にやってくれる。
  2. 歯科医師、歯科衛生士しか取り扱い出来ない「過酸化水素」で漂白してくれる。
  3. お口の状態を確認してケアを受けれるのでその人にあったホワイトニングを受けれる。

・デメリット

  1. 健康保険が適用外なので料金が高い
  2. 知覚過敏などがあると痛いかもしれない…

虫歯などで黒い部分はホワイトニング出来ないですし、石灰化してる汚れなども当然ホワイトニング出来ません。
それらを施術してからなので、確実に全ての歯(20本以上)を白くする事が出来ます。

また「過酸化水素」を使ったホワイトニングですので自然な白さになりますよ。

最近はポリリンホワイトニングが流行ってるみたいです。

詳しくはmusee whitening

さまざまな利点がある一方、料金はかなり高いです。

保険適用外なので一回で大体15000円〜60000円くらいします。(歯1本500円〜1500円)
また一回で白くならなかった場合には何回も通わなきゃいけないのでその都度上記の費用が掛かります。

日本人はエナメル質が薄いと言われてるので知覚過敏などを引き起こしてしまう恐れもあります。

セルフホワイトニング

・メリット

  1. 歯科衛生士さんではなく必要な説明を受けて全部自分で行う
  2. ジェルやマニキュアを使って歯を白くする
  3. 料金が比較的安い

・デメリット

  1. 国家資格を持つスタッフがいない。
  2. 歯医者さんや歯科衛生士しか扱えない「過酸化水素」を使った漂白が出来ない。
  3. 薬剤の塗り方によってはムラになります。

そのお店のスタッフさんに優しくやり方を教わり全部自分でやりますのでリラックスしながら出来ます。またほぼ一回で覚えられるほど簡単です。

歯の表面はジェルやマニキュアでけっこう白くなりますし、料金も一回5000円ほどとリーズナブルです。

が、「過酸化水素」を使った漂白が出来ないので歯の表面だけ白くなります。加齢や元々歯が黄ばんでる方は白くならないかもしれません…。

お口の中を検診してもらえないので、石灰化してる汚れや詰め物などの白く出来ない箇所が分からない等デメリットがあります。

ホームホワイトニング

・メリット

  1. 自宅で簡単に出来る
  2. 安い
  3. 「過酸化水素」入りの歯磨き粉使える

・デメリット

  1. 白くなるのに時間が掛かる
  2. ホワイトニング出来ない歯がどれか分からない。
  3. マウスピースを歯医者で作ると高いかもしれない。

ホワイトニングの仕方によってですが、マウスピースを咥える方法はお風呂に入りながら、リビングで横になりながら出来るのでオススメです。

また日本の薬局では歯磨き粉の内容成分に「過酸化水素」は入ってないですがアマゾンなどで簡単に「過酸化水素入り」の歯磨き粉が 手に入るので簡単に白く出来ます。

もちろん自宅でのホームホワイトニングなので、時間は掛かります。体感2週間くらい…。
元々歯が黄色かったり黒い方は3日くらいで効果を実感出来るかも?

虫歯、歯周病、詰め物などがあると刺激が強くて難しいかもしれません。
またマウスピースは歯医者で自分の歯型を取って作っても良いかもしれませんが、市販のでも全然大丈夫です。

歯医者で作ると15000円〜25000円
市販のは1500円〜10000円

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良いところを足したホワイトニング方法ですので、1番白くなりますし、白さが長持ちします。

が、料金はかなり高いです。

自分専用のマウスピースを作るので70000〜くらいは掛かるかもです。

まとめ

歯科免許、歯科衛生士免許がある方が出来る過酸化水素のホワイトニングは
着色汚れを分解し歯を明るくする方法。自然な感じで白くなる。

一方、免許がない方がやるセルフホワイトニングは歯の表面を綺麗にして薬剤によって白くする方法を用いる。

これからホワイトニングを考えてる方は

過酸化水素の有無を良く考えて選択してみて下さい。

ではでは。